歯を長持ちさせるムシ歯治療

ムシ歯治療

ムシ歯というと、穴が開いている状態をイメージする方が多いと思います。穴が大きくなると、しみたり痛みがあり、治療も大変です。ムシ歯は歯の表面がゆっくり溶けていき、徐々に大きくなっていくので、早期に発見すれば簡単な治療で済みます。

せっかくムシ歯治療をしても、メインテナンスを行なっていないと、新たなムシ歯を作ってしまいます。当院では、歯を長持ちさせるために、検査やカウンセリング、メインテナンスを重視した、ムシ歯治療に取り組んでいます。

歯を長持ちさせるための取り組み

【1】精密検査の徹底検査
治療を始める前に、お口の中を詳しく調べます。主訴だけを考えていると、歯と歯の間、詰め物や被せ物の隙間、根の先の状態など、目には見えない部分のムシ歯を見落としてしまいます。治療を始める前にレントゲンや検査をして、詰め物や冠の状態、歯髄(歯の神経)の状態をきちんと確認し、歯を悪くしている原因や、お口全体に与えている問題点を探ります。その上で、お口全体の状態を改善する、適切な治療法を検討します。

【2】カウンセリングの徹底カウンセリング
治療患者さんご自身にも、お口の中の問題点や歯を悪くした原因を知っていただくことが大切です。カウンセリングでは、検査結果を踏まえながら、お口の中の現状や、今後予測できること、必要な治療を分かりやすく説明します。また、治療へのご要望や悩み、疑問などを伺いながら不安を解消。治療法のメリット・デメリットを説明して患者さんと相談しながら、納得のできる治療をご提案いたします。

【3】メインテナンスで管理メインテナンス
歯と詰め物や被せ物の境目は、汚れがたまりやすい部分です。歯みがきだけでは汚れを落としにくく、ムシ歯の再発リスクも高まります。歯を長持ちさせるために、治療後の定期検診やレントゲン検査、メインテナンスで患者さんのお口の健康を管理します。定期検診を受けることで、目には見えない部分のムシ歯や異変の発見ができ、早期治療にもつながります。小さいうちに治すことで、歯に与えるダメージも少なくなります。大切な歯を長持ちさせるためにも、当院では、定期メインテナンスを重視した、ムシ歯治療に取り組んでいます。

歯を長持ちさせる歯科治療はこちら

痛みに配慮した治療

痛みに配慮した治療ムシ歯治療で患者さんがもっとも気にするのが治療中の痛みです。痛みの不安があると、身体が緊張して、ちょっとした刺激でも強い痛みを感じてしまいます。当院では、治療中の緊張を和らげるために、痛みに配慮し、なるべくていねいな治療を心がけています。

麻酔をかけるときは表面麻酔を使ったり、針の打ち方を工夫して、なるべく痛みを与えない工夫をしています。痛みに敏感な方や、歯科恐怖症の方には、笑気麻酔法にも対応しています。歯を削ったり、薬を詰めたりする時も、一つひとつをていねいに行いますので、肩の力を抜いて、治療を受けてください。それでも強い痛みを感じる時は、我慢しないでお知らせください。治療の流れを見ながら、適切な対応をいたします。

笑気麻酔法についてはこちら

ムシ歯は早期発見すれば、ほとんど痛みのない治療ができます。早期治療がもっとも痛みの少ない治療です。少しでも異変を感じたら、できるだけ早めの受診をおすすめします。

治療の不安は遠慮なくお話しください
治療中の痛みも含めて、患者さんが嫌なことは、極力避けたいと考えていますので、痛みの不安などがありましたら、遠慮せずにお話しください。全てを取り除くことは難しいかもしれませんが、なるべくご希望に沿えるように治療を進めていきます。

ムシ歯の進行と治療

CO(初期段階のムシ歯)CO
酸によって、エナメル質(歯の表面)を溶かして、白濁した状態です。この段階ではまだ穴があいていません。特に治療法はなく、フッ素配合の歯みがき剤を使って歯みがきをすることで、再石灰化が望めます。

C1(エナメル質のムシ歯)C1
酸によってさらに溶けていき、エナメル質に小さな穴があいた状態です。しみたり痛みはありません。この段階から治療が必要になり、ムシ歯だけを削り、その場で白い詰め物を詰めます。

C2(象牙質のムシ歯)C2
さらに進行して、ムシ歯が象牙質まで達した状態です。冷たい物や甘い物を食べるとしみたり痛みがあります。神経に近いため、麻酔をして治療するようになります。ムシ歯が小さい時は、ムシ歯だけを削って白い詰め物をその場で詰めます。大きい場合は大きく削り、詰め物を作って詰めます。

C3(神経に達したムシ歯)C3
ムシ歯がさらに大きくなり、神経まで達しているため、激しく痛みます。神経が壊死した場合は、根の先で炎症を起こしたり、根の外で膿がたまったりして、歯ぐきが腫れます。この段階になると麻酔をして歯を大きく削り、抜髄(神経を取る処置)をして被せ物を製作して被せます。

C4(根だけが残っている状態)C4
残っている歯がほとんどなく、根だけになった状態です。神経が壊死しているので痛みを感じません。この段階になると、治療が非常に困難になります。残っている歯質があれば、根管治療をして歯を残せます。残っている歯質がない場合、治療は不可能になり抜歯となります。

過去のブログはこちら