予防歯科の大切さ

予防歯科

・毎日歯を磨いているのに、ムシ歯ができてしまった。
・歯みがきの仕方がよくわからない。
・口臭がすると友達からいわれて、気になっている。

歯ブラシの使い方や自分に合った口腔ケアがわからなかったり、理解しているつもりでも、ムシ歯になってしまうことがあります。予防歯科では、歯みがきの仕方はもちろん、一人ひとりに合った、適切な口腔ケアのアドバイスを行っています。一人ではどうも要領を得ないという方は、当院の予防歯科をぜひ、受けてください。きっと、その日から意識が変わってセルフメインテナンスの大切さをご理解いただけると思います。

予防歯科とは
予防歯科は、ムシ歯や歯周病の予防を目的とした診療科目で、歯のクリーニングやフッ素塗布をしてお口の中の衛生環境を整える予防的な処置を行います。予防歯科の中には、予防を目的とした指導も含み、ブラッシング指導や口腔ケアの指導を行って、お口の健康の維持管理のサポートをします。

患者さんの自己管理をサポートする予防歯科

予防歯科ムシ歯や歯周病の予防には、歯医者さんで定期的にお口の中をチェックしてもらうことも大切ですが、それ以上に重要なことは、患者さんご自身の努力です。毎日の歯みがきはもちろん、定期検診やメインテナンスにも時間をかけなければ、健康な歯は保てません。とはいえ、ブラッシングのコツが分らなかったり、歯を磨いているのにムシ歯や歯周病になってしまう方も多く、患者さん一人では限界がありますから、その「患者さんの苦手な部分のサポート」を歯科医院の役割として担うわけです。

当院では、患者さんの自己管理をサポートする予防歯科に取り組んでいます。歯科衛生士による、一人ひとりに合わせた口腔プログラムや歯ブラシ指導など、きめ細かなアドバイスとケアで、お口の健康を守ります。患者さんのアンケートの中には、「今後どのようにしていけば自分の歯をたもてるか、すごく勉強になった」と答えている方もいらっしゃいます。歯科衛生士が真摯に取り組んでいますので、ご自身の力で、ムシ歯や歯周病のない歯を作りましょう。

定期検診・メインテナンスのすすめ

定期検診でお口の健康を管理メインテナンスのすすめ
治療した後の健康な状態をいつまでも保てるよう、当院では、患者さん一人ひとりのペースに合わせた、定期検診を実施しています。初期のムシ歯や歯周病は、自覚症状がありません。痛みや腫れ、出血がないからといって油断していると、症状が現れた時には治療が大変になります。定期検診を受けて、お口のすみずみまでチェックしてもらうと、ムシ歯や歯周病の早期発見・治療にもつながります。予防にもなりますので、定期検診を受けましょう。

メインテナンスでキレイなお口に
毎日歯を磨いていても、汚れが残ってしまう場合があります。当院では、歯科衛生士によるメインテナンスをおすすめしています。歯科衛生士が、お口の中の状態を見ながら、ていねいに汚れを除去して衛生環境を整えます。一度メインテナンスを受けても、汚れは再付着しますので、定期的なメインテナンスをおすすめしています。

予防歯科メニュー

歯石除去(スケーリング)予防歯科メニュー
毎日の歯みがきで歯垢が残ってしまうと、そこにカルシウム等が沈着して、歯石になります。そこは細菌の温床で、歯周病を引き起こす、何億もの細菌が住み着いています。しかも、歯にこびりついているので、歯ブラシを使っても取り除けません。歯石除去は、歯科衛生士が行なう処置です。処置後は歯ぐきが引き締まり、歯肉の状態を改善するので、歯周病の治療にもなります。

PMTC予防歯科メニュー
歯科衛生士が専用器具を使って行う、本格的な歯のクリーニングです。歯の表面や歯と歯ぐきの間に残っている汚れを一本一本ていねいに取り除いて、口腔内環境を整えます。仕上げに歯の表面を磨きあげて、汚れの再付着を防ぎます。汚れとともに、歯周病や口臭の原因になる細菌も除去するので、歯周病予防や口臭予防効果とともにムシ歯予防にもなります。

ブラッシング指導予防歯科メニュー
ムシ歯や歯周病を防ぐには、毎日の歯ブラシが何よりも大切ですが、ゴシゴシとこすっているだけでは、汚れはきちんと落とせません。毎日歯みがきをしているのにムシ歯や歯周病になりやすいとしたら、歯ブラシが上手くできていない可能性があります。当院では、どこに汚れが付着しやすく、どのようにすれば汚れをしっかり落とせるのかをていねいに指導する、ブラッシング指導を行なっています。歯科衛生士がお口の状態を見ながら、汚れを落とせる歯ブラシ方法を指導いたします。毎日の歯みがきで実践して、ムシ歯や歯周病を防ぎましょう。

フッ素予防歯科メニュー
フッ素には、歯質を強くして歯の再石灰化を促す働きがあります。また、ムシ歯菌に対する抗菌作用があり、ムシ歯菌の活動を押さえてムシ歯を防ぐ働きがあります。市販の歯みがき剤でフッ素入りのものが出回っていますので、積極的に利用するとともに、歯医者さんにてフッ素イオン導入を行うことで、よりしっかりとしたムシ歯予防をしましょう。
※フッ素イオンは、高濃度のフッ素を電気分解したものです。イオン化することで歯に取り込みやすくなり、歯質を強化して酸に溶けにくい歯を作ります。

過去のブログはこちら