糖分コントロールでムシ歯を防ぐ

ある調査で、ナイジェリアでのムシ歯の状況を調べたところ、都市部に比べて未開土地に住む原住民のムシ歯発生率が極めて少なく、1%程度に過ぎないことがわかりました。また、ニュージーランドの先住民族のムシ歯も、埋葬された頭蓋骨から1万本に1本程度しかありませんでした。この二つの事例からもわかるのは、糖分のコントロールができれば、歯みがきをしなくてもムシ歯になりにくいということです。お子さまのお口にも、糖分が入ってこなければムシ歯リスクは低くなります。3歳から6歳までの間にしっかり糖分コントロールしておくことが大切です。

3歳まではおやつに気をつける小児歯科
お子さまは、お菓子やジュースなど、甘い物が大好きですが、糖分を摂りすぎるとムシ歯を作る原因になります。ムシ歯は糖分と細菌によってできますので、糖分をコントロールすればムシ歯にはなりません。3歳まではなるべくおやつに甘い物を与えないように心がけましょう。

お子さまは身体が小さくて一度にたくさん食べられないので、おやつで栄養分を補います。ムシ歯を作らないために、ジュースは止めてお茶や水にし、甘いお菓子の代わりにおにぎりやサンドイッチ、ほし芋やバナナなどにするといいでしょう。

お子さまが可愛そうと思う方へ
甘い物の味を知らなければ、ケーキやジュースを欲しがることはほとんどありません。食べ物の好き嫌いもなくなり、きちんと食べるようになるので、栄養バランスも偏らなくなります。幼稚園に通い始めると、難しくなる場合もありますが、ご家族がコントロールできる範囲で、ムシ歯のないお子さまに育てましょう。

過去のブログはこちら