インビザラインとは

インビザラインインビザラインは、1997年にアメリカで開発したマウスピース矯正で、歯型に合わせたマウスピースを2週間ごとに交換しながら歯を移動させていく最新の矯正システムです。
これまでの矯正法との大きな違いは、コンピューター上でシミュレーションができること。歯並びの画像をコンピューターに取り込んで専用ソフトを使い、もっとも効率のよい歯の動きをシミュレーションすることができ、治療修了後の状態がイメージできます。シミュレーションデータをもとに、アメリカのインビザ社でアライナーと呼ばれるマウスピース装置を製作します。治療期間中に使用する装置を一括して作り、2週間ごとに新しい装置と交換して歯を移動させます。

データベースから、理想的な歯の動きを追求
インビザラインは全世界の臨床結果をデータ化して、最適な歯の動かし方を研究しています。1997年の開発から今日に至るまで、6回のバージョンアップを行い、治療方法や材料、シミュレーションシステムなどに改良を加えました。それにより、5年前に適応できなかった症例でも治療ができるようになりました。今後のさらなる改良に期待が高まります。

インビザラインの特徴
●目立たない
アライナーは、透明プラスチック製です。装着していてもほとんど目立ちませんので、受け付けや営業職など、人と接する機会の多い方でも、人目を気にせずに矯正できます。

●痛みが少ない
2週間に一度、0.25㎜と、少しずつ歯を動かしていくので、ワイヤー矯正のような、調整時の強い痛みはありません。

●取り外せる
取り外せるので、食後に取り外して洗うことができます。歯みがきも簡単にできるので、治療中のムシ歯の心配もありません。

●治療後の状態が分かる
1回の型取りで全てのアライナーを作るので、患者さんの負担を軽減できます。また、コンピューターでシミュレーションを行うので、治療後の状態を確認することができます。

過去のブログはこちら