2016年2月17日

私がインビザライン矯正にこだわる理由

インビザラインは、一般的に装置が目立たず取り外しができる点を強調されがちですが、矯正治療の新技術としても革新的な治療方法なのです。もちろん、従来の矯正治療の方が有利な点もありますが、私のような顎関節、咬み合わせ、修復治療を主としている臨床家にとっては、インビザライン矯正の方が有利な点が多いのです。

1)常に改善されて進化しています
全世界から送られてくる矯正の治療計画と、その結果を全てデジタル化して分析しているため、常に大量の成功例と失敗例とを分析することが可能です。そのため莫大なデータから、より良い治療方法を統計的に考え改善され、進化し続けています。

2)歯と顎関節への負担が少ない
歯の移動を最も効率よく最短距離で移動させ、治療中に上下の歯が接触することが少ないので、歯への負担が軽減されます。また、矯正装置がマウスピースなので顎関節への負担も軽減されます。

3)治療のシミュレーションが可能なので様々な治療方法の選択が可能
インビザラインでは治療過程と治療完了時の歯並びをコンピューターの画像上で確認することが可能です。そのため、治療期間や歯並び、歯を抜くなどの治療方法による違いを事前に比較しながら確認することが可能です。

4)理想的な咬み合わせが可能
歯並びだけではなく上下の歯の咬み合わせの状態まで事前にシミュレーション可能なので、個々の状態(歯の大きさ、形、修復など)に適応した咬み合わせに対応することが可能です。

5)治療後の後戻りも治療直後の状態に戻せます
治療完了時の歯の位置のデータが保存されていますので、リテーナーの紛失や、使用されなかった場合に歯が動いてしまった場合など、少しくらいの後戻りであれば治療直後に戻すことが可能です。 

過去のブログはこちら