最新の技術に触れて強い衝撃を受けた学生時代

大阪歯科大学に入学し、5年生の時の夏休みのこと。東京に行く機会があったので、歯科技工士をしていた高校の先輩の仕事場を見学させてもらい、衝撃を受けました。そこで作っていたのは、今まで見たことも聞いたこともないものばかり。メタルボンドやアタッチメントの義歯、テレスコープなど、最新の義歯や冠がずらりと並んでいます。一つ一つ説明してもらっても理解するのが大変で、東京と地方のレベルにただただ驚くばかりでした。東京に行けば最新の技術が身につく。そう確信した私は、東京の歯科医院に就職を決めました。

過去のブログはこちら