« 2018年4月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2016年4月20日

毎日、歯磨きしているのに、、、

15_23.jpg

「 毎日、しっかり歯磨きしているのにムシ歯や歯周病になる 」

と言われることを聞くことがあります。そう、毎日頑張って磨かれている方が殆どだと思います。それなのに、、、

では、なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

お部屋の掃除や汚れた食器を洗う時に、真っ暗にして見えない状態だとしたらどうでしょう。部屋の隅、家具や椅子の足元、食器の凹んだところなど、汚れを取り残してしまいます。つまり、綺麗にするためには、目で確認しながら行うことが取り残しを少なする方法なのです。

お口も同様で汚れの取り残しを確認しなければ、磨き残しが出てしまいます。でも、お口の中の隅から隅まで見て確認することはできません。そこで、歯科衛生士による歯磨き指導が必要になるのです。

何も気にしないで磨けるところ、歯ブラシの角度や当て方に気をつけなければならないところ、どこが磨きやすくて、どこが不得意なところなのかを自覚して意識して歯磨きすることが大切なのです。しかも定期的にチェックすることも大切です。

なぜなら、どうしても磨き癖ができてしまうからです。それを修正するためにも定期健診が大切なのです。


医院サイトはこちらhttp://www.tobitadc.jp/

Google +1

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1