« 2018年1月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2016年4月27日

電動歯ブラシ その4

2009年オムロン「メディクリーン」登場
DSC01776.JPGh1127_a.jpg

この頃になると電動歯ブラシ専用の売り場ができるほど浸透してきました。おススメの電動はブラシの王座の 「 ソニケア 」 は変わらなかったのですが、その牙城を崩したのがオムロンの「メディクリーン」の登場です。

「 メディクリーン 」 は62gとビックリするほど軽くて細くなったのにハイパワーです。しかも、歯ブラシの形状が良いので、歯と歯や歯の間や歯ぐきの境目、深い凹凸の部分に毛先が入りやすいので歯垢を除去する能力も高いのです。

軽くて小さいことは充電が切れの時に普通の歯ブラシとしても使えるので便利です。ブラウンやドルツはこの点が不利でした。しかも、本体は5千~8千円程度、替えブラシも1本で300円位と高品質のわりには安価です。

この頃になると 「 ソニッケア 」 も改良されてランニングコスト(換えブラシ)と本体が少し安価になりましが価格差はまだまだありました。でも、太くて重く換えブラシが高価なのに、私がおススメする理由は販売されている商品の中で最も歯垢除去能力が高いと感じていたからです。


医院サイトはこちらhttp://www.tobitadc.jp/

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.tobitadc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/524

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1