« 2017年10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2016年6月13日

飛田歯科図書館 vol.08 『 Fling High  PARIS 』

医院の待合室に置かせていただいている本を紹介しております。
解説はあくまで私の偏見ですのでお許しください。

洋書 その3
Fling High  PARIS
Fling HighPARIS
パリの街を空撮した写真集です。

洋書なので解説に日本語がないので読めませんが殆どが写真なので楽しめる写真集です。しかも、ハードカバーで厚さが4cmもあるので写真の量はかなり多いです。

有名な観光地のルーブル、オルセー、オペラ座、凱旋門、アンバリッド、ノートルダム寺院、エッフェル塔、などなど建造物が美しいのは当然でしょうが、 「 芸術の都パリ 」 といわれるだけあって、普通の建物や町並みまでもが芸術的に感じられてしまうほど綺麗です。

しかも空撮で素材がいいパリの風景だからこそ芸術的な写真集になったとも考えられますかね。ちょっと重たいのですが待合室でぺらぺらと眺めながら、パリに行った気分になれたり、「ここ行ったよね」と旅行の思い出として、歴史的建物集としてなどなど、いろいろな楽しみ方ができると思います。


医院サイトはこちらhttp://www.tobitadc.jp/

Google +1

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1