« 2018年4月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2016年6月11日

電動歯ブラシ その12

どの換えブラシが良いの?
歯ブラシ棚
換えブラシは 「 メディクリーン 」 「 ソニケア 」 共に数種類あります。

「 メディクリーン 」 は毛が柔らかく少し長くて毛先が細いタイプ(極細マイルドブラシ)と、毛がしっかりしたタイプ(トリプルクリアブラシ)の2種類があります。

どちらでもかまわないと思いますが、選択基準は歯に軽く当てて手をあまり動かさないタイプの磨き方をされる場合は柔らかいタイプの毛をおススメします。ある程度の力を入れてゴシゴシこすらないと気がすまない方にはしっかりしたタイプをおススメします。

「 ソニケア 」 の換えブラシの種類は多いのですが、基本的には通常の大きさでスタンダードタイプ(プロリザルツ)が良いと思います。見た目は少し長く感じるのですが先端部分が少し細くなっているのと幅が広くないので、ミニタイプでなくても奥歯の奥側まで届く方が多いようです。

お口がかなり小さい方にはミニタイプの方が良い場合もありますが、スタンダードな歯ブラシを使われている方であれば十分使えると思います。他にも色々なタイプがありますがあえておススメしません。

その理由は価格です。繰り返しになりますができるだけ安価で、気軽に買えブラシを交換できることが、最も歯垢を除去するのに効率が良いからです。

ちなみに、 「 ソニケア 」 の(ダイヤモンドクリーン)は中心部の毛の密度が多すぎるため歯と歯の間に毛先が入りにくいのでおススメできません。


医院サイトはこちらhttp://www.tobitadc.jp/

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.tobitadc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/556

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1