« 2017年10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2016年12月29日

歯周病とは  その6

歯周病治療のすすめ方 vol.1
9053_MKJ_tobita_dc010616.jpg
精密検査
前記のように歯周病の治療の前には治療方法を正確に診断するために、現在のお口の状態を徹底的に調べることが大切です。特に歯周病は歯ぐきの中で起こっている病気なので、外からではなかなか発見することができないため、正確な診断のためには精密な検査が必要なのです。現在の歯の状態をしっかり調べることで、どのような問題があるか、また歯周病が進行した原因を見極めることで治療方法や治療後の再発を抑制する方法を見つけることができるのです。

検査報告と治療計画の立案
精密検査の後にお口の現状を自ら正確に知ることが大切なことです。その上で、今後のお口がどのような状態でありたいかという希望を踏まえて治療計画を考えることが大切です。なぜならば、歯周病を徹底的に治療して、可能か限り長く歯を残すためには、多くの時間と費用、日々の管理、治療に伴う苦痛など、さまざまな課題を乗り越える必要があるからです。それらの内容を理解された上で、治療期間、治療に伴う痛みや問題点、治療費用、治療に対する希望や不安に感じている点を聞かれて十分に検討されてから治療計画を決められることが大切です。

Google +1
2016年12月28日

歯周病とは  その5

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s.jpg
歯周病は治るのですか?
最新の治療方法で骨の再生は可能ですが、どのような歯に対しても確実に行える治療方法ではありません。私の治療例としても骨が再生する場合もありますが、確実に全てに再生を期待することはできません。あくまで、結果として骨が再生したと考える方が安全だと考えています。
そのため、現在の歯周病の治療は現状より悪くしにくくする、もしくは進行を遅らせることが目標です。

歯周病の治療の進め方
歯周病の治療で大切なことは精密な検査と正確な診断を行うことです。その上で、個々の希望に沿った治療計画を立案して実行していくことになります。治療完了後は、その状態を維持していくための管理計画を立案し定期健診を行います。また、歯周病は咬み合わせ、糖尿病などの病気、喫煙、ストレスによる免疫の低下などと深く関わっているので、全身の健康維持も大切です。

Google +1
2016年12月27日

咬み合わせで歯が悪くなる  その2

3c265f0957160ff02918d81ddaca0dcf_m.jpg
冠や詰物が外れる
治療した冠や詰物が外れるのはどうしてでしょうか?
新たな虫歯、材質の劣化もあるのですが、咬み合わせの問題によって外れる場合がよくあります。なぜなら、冠や詰物がゆすられるような無理な力が加わると、接着してあるセメントが失われ冠や詰物が外れます。また、セメントが失われ隙間ができてしまと、そこから虫歯になります。また、冠や詰物に無理な力が加わると磨り減って穴が開くことや変形してしまいます。単に冠や詰物が外れただけならば元に戻せばよいのですが、歯が欠けたり、歯が割れてしまうと保存不能の状態になることもあります。

物は力によって壊れることと同様に歯も力によって壊れるのです。

Google +1
2016年12月26日

咬み合わせで歯が悪くなる  その1

b014.jpg
歯の痛みや歯を失う原因の多くはむし歯と歯周病なのです。ところが、咬み合わせが原因で痛みや歯を失うこともあることは、あまり知られていないことですが、意外と多いのです。

咬み合わせで歯がしみたり痛くなる
上下の歯は食事のとき、つばを飲み込む時、力を入れる時、集中する時なども咬み合っています。また、食いしばりや歯軋りをする方は寝ている時にも咬み合っています。つまり、食事のとき意外に咬み合っていることが意外と多いのです。しかも、かなり強い力で長時間、咬み合っている場合が少なくないのです。

この時、全ての歯が均等に咬み合っていればよいのですが、一部の歯だけに強い力が加わってしまうと、その歯には無理な負担がかかり、症状として歯がしみたり痛みが起こることがあるのです。いわゆる打撲による痛みと同じようなことなのです。これがひどくなると歯を失う原因にもなるのです。


Google +1
2016年12月24日

プリティーウーマンとデンタルフロス

Pretty_Woman_Spotlight.jpg DSC03302.JPG
かなり前の映画ですが、ちょっと一言、
1990年に公開された「プリティーウーマン」は大人気でしたが、歯科医の私から見てアメリカ社会においての歯の価値観がよくわかる映画であったことをご存知でしょうか。映画のストーリーは皆さんもご存知のように一流の資産家エドワード(リチャード・ギア)とストリートガールのビビアン(ジュリア・ロバーツ)の社会的格差があるカップルのシンデレラストーリーです。

では、エドワードがビビアンのどこに魅力を感じた、もしくはビビアンが一流の女性になる可能性をどこに感じたのでしょうか?

それはエドワードが宿泊しているホテルのペントハウスにビビアンが始めて訪れ、ルームサービスのシャンパンとイチゴを食べた後です。ビビアンが「ちょっと待ってね。シャンパンに酔ったみたい」と言って洗面所からなかなか出てこない。そのことをエドワードは不審に思い、洗面所をのぞくとビビアンは何かを隠します。エドワードはそれをドラッグと思い手をこじ開けるとフロス(上の写真のバトラー製のフロス)でした。ビビアンは「歯磨きは欠かさないのよ」といってフロスを再開します。エドワードは「キミにはビックリさせられる」とその姿を微笑みながら見つめます。
また、別れの時にエドワードは「デンタルフロスが必要なときには電話をくれ」といってビビアンに名刺を渡してホテルのペントハウスから送り出します。
このように、この映画の重要なシーンにフロスに意味を持たせています。

アメリカ社会で歯が健康であることは、肥満でない、喫煙はしないと同様に、上流階級や知的階層においての必須条件とされています。なぜなら、健康はステイタスであり、欲望を自制し規律がある生活習慣や自己管理ができる精神力が備わっていることが上流階級で認められる要素なのです。
ビビアンが歯を大切にしようとする女性で、どんな状況でも、歯を大切にするために歯磨きだけでなくフロスをする習慣があることを見て、上流階級での価値観を備えた女性だと判断したのだと思われます。また、そのような価値観を持ち続けてほしいというメッセージとして、「デンタルフロスが必要なときには電話をくれ」といったのではないでしょうか。

日本において、このような考え方は少ないとは思いますが、
近い将来の日本においても、フロスを一生懸命して歯を大切にしていることが、その人の価値観を決める条件の一つになるかもしれないと感じている歯科医の私です。みなさん、ぜひともフロスの習慣をつけましょう。もしかしたら???

Google +1
2016年12月21日

子供のためにできること  その21

3歳までに出来ることVol.6
13_13.jpg
歯磨きの技術を学ぶ
歯磨きの習慣ができたら、少しずつ歯を磨いて歯垢を落とす技術を学ぶ必要があります。
初めから正確に磨くことはできません。最初は、歯ブラシをお口の中に入れるだけで十分です。少し大きくなったら、歯ブラシを動かすことを教えてあげてください。歯を磨くことが理解   できるようになったら、何処を磨いているのかを意識して磨けるように少しずつ教えてあげま しょう。時間をかけて、ゆっくりゆっくり、気長に教えてあげてください。
できたときには必ずほめてください。できなくても頑張ったねとほめてあげてください。

例)①咬んだ状態で左右の奥歯と前歯 ②開けた状態で上下左右の奥歯 ③歯の上に歯ブラシを当てて動かすこと、少しずつ少しずつ出来るようになれば良いのです。

目標は永久歯が生えてくる6歳ごろまでに歯磨きの習慣と技術を身につければよいのです。それまでの予防は糖分のコントロールとフッ素を上手に使えばよいのです。

Google +1
2016年12月20日

子供のためにできること  その20

周囲の協力を得ること
f05061a65c23024173ad5b73742554a5_m.jpg
「虫歯のないきれいな歯に育って欲しいので、3歳までは甘い物を与えないようにする」と祖父祖母、周囲の親族、親しい人に宣言することです。

時には、「こんなに美味しい物を知らないのは不幸だ」 「糖分をとらないと脳の発育が悪くなる」などと言われることもあると思います。しかし、そんな理屈はありません。また、ご近所やお友達の家へ遊びに行ったときにお菓子を出されたら「歯医者さんに言われたの」「主人に言われて食べさせられないの」などと、他の人の責任にすると良いでしょう。

お菓子をもらった場合には「ありがとうございます」と受け取っておいて、子供には「お母さんが預かっておくからね」と言って持たせないようにすることです。ほとんどの家庭では子供がいたらお菓子、喉が乾けばジュースという固定観念があります。その気持ちは感謝して受け取ったうえで、食べささないようにすることです。

最後に3歳を過ぎれば色々なことが理解できるようになります。そのため、制限することが少しずつ難しくなってきます。親の管理下で実行できる3歳まで挑戦してみませんか。努力しただけの結果は必ずあります。後悔することなど一つもありません。信じることです。

Google +1
2016年12月19日

先週末は勉強会でした。

013338cdf2ca84073c9d06e8efc36ff7720a398c2a.jpg
私は大阪デンタルリサーチグループ(ODRG)に1994年から所属しています。基本的には月1回開催されている例会に参加しています。今回は先日開催された日本アライナー医療研究会に私と京都の先生が参加しましたので、その内容を検証しました。同じ内容を聞いていても解釈の仕方や捕らえ方は違うので、すり合わせは大切な学びです。その他にも現在インビザラインで治療中の症例発表と神戸の先生の症例検討をしました。

Google +1
2016年12月17日

定期健診の目的 その8

歯のクリーニング
16_27.jpg
理想は日々のお口のお手入れで歯の表面に付着するムシ歯や歯周病の原因である細菌を完全に除去し続けることです。しかしながら、磨き癖や、歯や歯の根の形態が複雑、歯並びが悪いところは汚れが残りやすくなります。

そこで、その部分をチェックして歯ブラシやその他の清掃道具の使い方を修正すると共に全ての汚れや色素をクリーニングします。また、初期の虫歯があるところをフッ素のペーストを塗布し、歯周ポケットが深いところは内部を薬液で洗浄します。このことでお口の中の歯周病菌とムシ歯菌を減少させます。

これらのことをPMTC(プロフェッショナル、トゥース、クリーニング)と言われ定期健診ごとに行うことで虫歯と歯周病の予防と進行を抑制します。

Google +1
2016年12月16日

定期健診の目的 その7

定期検診の内容 vol.4
12_22.jpg
咬み合わせのチェック
上下の歯は毎日接触しています。時には強く咬んだり歯ぎしりをしたりします。その結果、少しずつすり減ってしまいます。また、咬み癖があるため均等に擦り減ることはまれです。
その上、様々な詰め物や冠などの治療があると擦り減り方も違ってきます。

その結果、一部の歯に無理な力が加わることで、異常に擦り減ったり、歯がグラグラしたり、しみたり、欠けたりします。時には歯が割れて歯を失う原因にもなります。そのため、定期的なかみ合わせの調整が必要になります。

咬み合せのチェックでは、個々の歯の動き、上下の歯の当たり方を確認します。引っ掛かりがあるところや強く当たっているところは調整します。

また、食いしばる傾向のある方はその強弱を確認します。食いしばりや歯軋りが強いために歯に問題が起こる可能性が高くなる場合はバイトプレート(マウスピース)を装着していただくことを提案する場合もあります。

Google +1
2016年12月14日

インビザラインとは?  その21

矯正学と補綴学の咬合理論
4f73fbd5405a927df0156d72716afe67_m.jpg
少し専門的になりますが、矯正学と咬合理論です。
歯科医学の中に矯正学と補綴学(歯の詰め物や冠をかぶせる治療、義歯やインプラントの治療)があります。矯正学の歴史は以前のブログで書かせていただきましたが、アングルの分類とセファロ分析と歯の正中(上下の前歯の真ん中)を合わせることが基本して、理想的な歯並びを研究されてきました。

一方、同じ歯科医学の中に補綴学(歯の詰め物や冠をかぶせる治療、義歯やインプラントの治療)があり咬み合わせの歴史は1805年に考えられた総義歯の咬み合わせの装置から始まり、顎関節の位置と上下の歯が咬みあう位置、上下の歯が咬み合う時の接触関係(歯の凸凹のどこが咬み合うか)、下顎を動かした時の上下の歯の接触関係の3つのポイントが研究されてきました。

共に、歯科医学という狭い社会の中で、しかも科学という論理的だと考えてよい世界ではありますが、矯正学と補綴学の咬み合わせの理論は当初から共通点がほとんどないのです。

ところが、インビザライン矯正においては矯正学と補綴学の咬合理論の壁(共通の咬合理論)を超えた共通の咬合理論が応用できる可能性があるのです。だからこそ私がインビザライン矯正に興味を持ち研究を続けているのです。

Google +1
2016年12月13日

来週はクリスマス

 0185da751f490b9527e11c3883da88ef70c252ea47.jpg010ddd568211832b39b977bc2dd0af7deb100d0eac.jpg0188e5bff95e6c9e57f2b9360dbd0d39419b7da72b.jpg
 01714f42a88499dc0194bf4a672b2d3a4297fddb51.jpg0191c30345e3d2341bdfadf4915672b0d6084c60d2.jpg
少しだけですが、院内もクリスマスモードにしています。
面白雑貨でトイレと本棚には鹿のモニュメントを飾っています。
私が楽しんでいるだけで、
日本人にはそぐわないという意見もあるかもしれませんが、、
少しだけお付き合いください。

Google +1
2016年12月12日

インビザラインとは?  その20

第2回日本アライナー医療研究会
013b3d6c9148fbb2e21d029e0580ac8e84adc15c9b.jpg
半年前にも参加しましたが、国内唯一のインビザラインの矯正治療を研究する日本アライナー医療研究会に参加してきました。昭和大学矯正科の槇教授を中心に、全国各地から約100名のインビザライン矯正に取り組まれている先生方が集まって開催されています。演者は様々な観点から症例報告をされるのですが、基本的には悩んだり、思うように治療できなかった症例を中心に報告する形式をとっています。この点は他には無いことです。誰も公の場では、こんなことができますといった成功症例を話す会しかありません。なぜなら自分の悩みや失敗を人前で話すのは勇気が必要だからです。しかし、このようなことを聞けることは実に勉強になります。しかも、聞くだけではなく参加者にも意見を求められます。つまり、臨床現場の問題点をみんなで共有して、今後に生かすことを積極的に取り組もうとしている会なのです。

しかも、演者は講演料なしのボランティアですし、昭和大学歯学部の矯正科に所属する若い先生たちが休日返上で手伝ってくれていることにも感謝です。その結果、恐ろしく濃い内容であるにもかかわらずお弁当とお茶を支給されて会費は2000円だけです。インビザライン矯正は新しい治療方法なので、それを積極的に解明しようと頑張っている研究会なのです。

次回は半年後なのですが新たな知識を得られることを楽しみながら東京を後にしました。

Google +1
2016年12月10日

歯科治療が苦手な方へ その4

治療後の痛み Vol.1 の1
5.png
ムシ歯の治療後の痛み
ムシ歯を治療した後は、「軽い痛み」や「歯がしみること」が起こることがあります。治療前は症状が無かったのに?という疑問がでるのは当然です。これは、ムシ歯の部分を徹底的に除去しているため、歯髄(歯の神経)の近くまで削る結果となり、治療後の痛みやしみる症状があります。(虫歯の部分を残すと、虫歯の進行は止められません)痛みは2,3日すれば治まる場合がほとんどですが、痛みがひどくなる場合やなかなか治まらない場合には歯科医師に相談してください。

歯のしみがなくなるまでの期間は虫歯の程度や個々の抵抗力によってまちまちです。1週間位で収まるものから6~12ヶ月位かかる場合もあります。痛みを感じられるような熱さや冷たさのものはさけられて、気長に治まるのを待ってください。但し、いつまでたっても治らない場合や、どんどん悪化する場合は歯科医師に相談してください。


Google +1
2016年12月 9日

歯科治療が苦手な方へ その3

痛みの軽減Vol.2
9027_MKJ_tobita_dc010616.jpg
麻酔注射の痛みを軽減する
痛みを止めるために注射の痛みを我慢しなくてはいけません。これが嫌な方はかなり多いと思います。残念ながら、歯は敏感な組織なので麻酔をしないで我慢して処置をすることは出来ません。最も確実で安全な方法が麻酔です。痛みを無くすために少し我慢して頂くことになりますが、麻酔の針をさす時に表面麻酔・細い針・麻酔薬を体温に近い温度にすることで痛みを少なくすることができますので、少しだけ我慢してください。

Google +1
2016年12月 7日

飛田歯科図書館 vol.18

医院の待合室に置かせていただいている本を紹介しております。
解説はあくまで私の偏見ですのでお許しください。

地球一周空の旅 上空から眺める55の絶景
51ZfBp90EsL__SL500_AA300_.jpg
タイトルのように世界中の観光地と大自然ならではの空撮の映像の数々です。町や島などの広大な全景が撮影されているので全体像がわかりやすいです。また、幾何学模様のような風景もあり多種多様な自然環境があることに驚かされます。

模様のように見えるサハラ砂漠、絵画のようなラップランド、地球上とは思えないブライスキャニオン、アフガニスタンの山並み、ダナキル砂漠、一度は見たいと思える美しい景色のウユニ塩湖。また、イスラエル、イラン、エジプト、ギリシャなどの古代遺跡も観光で訪れてもこの視点から見ることはできないので楽しめます。

今はドローンがあるのでこのような写真も気軽に撮影できるようになったということでしょうかね。

Google +1
2016年12月 6日

歯周病とは  その4

歯周病を発見するには
4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_s.jpg
精密な検査を行いその検査結果を総合的に診断することで現状を知ることができます。歯周病はお口全体が同じように進行しているわけではなく、お口の中の一部で進行する場合がほとんどですし、歯の周囲の一部だけ進行する場合もあります。また、歯ぐきの中で起こっている病気なので、お口全体を総合的に検査する必要があります。

・ポケット診査
歯周ポケットの深さを測るために、プローブというメモリが付いた細い棒状の器具を使います。健康な歯周ポケットは1~3mmですので、4mm以上は注意が必要です。1本の歯に対して6箇所ずつ(28本の歯では162箇所)計測することが理想です。

・出血、排膿
歯周ポケット診査して出血や排膿した部分を記録します。歯周ポケットが3mm以下でも出血部位は注意が必要です。ただし、歯ぐきからの出血をゼロにする必要はありませんが、歯周病の進行を抑制するための目標としては出血率(出血点数/計測数)が10%が理想と考えられます。

・レントゲン診査
レントゲン撮影を行うことによって歯槽骨(歯を支える骨)の状態を知ることができます。レントゲン写真は2次元ですがポケット診査と組み合わせることにより3次元的な診断を行うことができます。最近ではCT検査も行われるようになり、進行した歯周病の場合には有効に活用できる場合もあります。

・咬み合わせの診査
歯周病は咬み合わせや歯並びが悪いことによって、悪化する場合があります。歯に無理な力が加わりやすいところは歯周病が進行しやすくなります。

Google +1
2016年12月 5日

歯周病とは  その3

6e60429bf04f7a6aaf06913a9010c3c6_m.jpg
歯周病はどんな症状があるのですか?
初期の歯周病の症状は歯ぐきからの出血くらいしかなく、ほとんど症状がない病気です。中期から後期の歯周病まで進行すると、歯ぐきの後退・口臭・歯がしみる・歯がぐらぐらする・咬みにくい・歯並びが悪くなるなど様々な症状が出てきます。また、歯周病の進行は急性の場合を除いて10~40年かけて慢性的に進行するため日々の変化は少なく、気付いたときには手遅れの場合もあります。
また、喫煙によってお口の中の血管が収縮することで出血しにくくなるので、より歯周病の発見が難しくなります。

このように、歯周病は歯ぐきの中で起こる病気なので定期的な検査が必要なことを認識しておくことが大切なのです。

Google +1
2016年12月 3日

子供のためにできること  その19

3歳までに出来ることVol.5
13_01.jpg
<仕上げ磨き>
仕上げ磨きとは、子供が自分の力で磨けるようになるまで、保護者が磨けないところを磨いてあげることです。まずは子供が仕上げ磨きに慣れるようにしていきましょう。

親が子供に話しかけながらするのもいいですし、子供が甘える方法になってもかまいません。  この時の注意点は、汚れを取ろうとして強くゴシゴシ磨かないようにしてください。最初は嫌がらずに習慣にすることが大切です。慣れてきたら、少しずつ汚れが取れるように磨いてください。

歯磨きに磨きに興味がでてくると、「お母さんのお口も磨いてあげる」と言われることがあります。その時は交代してさせてあげてください。大切なのは、自らの力で磨けるようになるまでの期間の補助だという認識です。お手伝いする所が少しずつ減るように教えてあげながら、仕上げ磨きをしてください。

仕上げ磨きのポイント
順番を決めて、全ての歯の面を磨けるようにするのが良いでしょう。 (例えば、歯の表側、歯の裏側、かみ合わせの面)奥歯のかみ合わせは凸凹しているので注意が必要です。

磨き方は力強く歯ブラシでこするのではなく、歯ブラシの毛先を使って汚れをこすり取ってください。仕上げ磨きを嫌がる原因は、力を入れすぎたために歯ブラシが歯ぐきに当たって痛い場合が殆どです。なお、歯ブラシでは歯と歯の間は磨けません。乳歯は歯と歯の間から虫歯になりやすいのでフロスを使ってください。子供が自分でできるところを、少しずつ増やしていきましょう。

あせることはありません。少しずつ、少しずつできるようになればいいのです。嫌がるのを無理やり押さえつけて行う仕上げ磨きは、絶対にしてはいけません。

Google +1
2016年12月 2日

子供のためにできること  その18

3歳までに出来ることVol.4
はみがき.jpg(母乳とムシ歯から引用)
歯磨きの習慣と技術
歯を磨くという習慣は、お口の健康を守っていくために生涯必要な大切な習慣です。しかし、小さな子供にとって、歯磨きの大切さは理解できません。そこで、子供にとって楽しい遊び道具の一つ、もしくは嫌いではなく毎日使う道具と感じてもらうことが重要です。

<歯磨きの習慣をつける>
まずは、歯ブラシに慣れることです。生後数ヶ月~半年位は、何でも口に入れるようになる時期です。この時から歯ブラシで遊ばせると良いでしょう。3歳位までは磨けていることよりも、磨く習慣と本人が磨くという意思を大切にしてください。また、お父さんやお母さんと一緒に楽しく歯磨きをするのもいいでしょう。上手にできたらほめてあげてください。習慣は短期間で身に付くものではありません、毎日毎日繰り返すことによって出来るのです。でも、少しくらい出来なくても、あせることはありません。生涯必要な習慣ですから、長い目で気長に考えてください。

<歯磨きの技術を学ぶ>
最初から正確に磨くことは出来ません。最初は、歯ブラシをお口の中に入れるだけで十分です。少し大きくなったら、歯ブラシを動かすことを教えてあげてください。歯を磨くことが理解できるようになったら、何処を磨いているのかを意識して磨けるように少しずつ教えてあげま しょう。時間をかけて、ゆっくりゆっくり、気長に教えてあげてください。

例)①咬んだ状態で左右の奥歯と前歯 ②開けた状態で上下左右の奥歯 ③歯の上に歯ブラシを当てて動かすこと、少しずつ少しずつ出来るようになれば良いのです。

できたときには必ずほめてください。できなくても頑張ったねとほめてあげてください。

Google +1

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1