« 2018年9月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2017年1月16日

子供のためにできること  その22

3歳から6歳までの予防 Vol.1
4ceb87dada9bf320dc44acb0e7885799_m.jpg 
6歳までの糖分コントロール
3歳を過ぎれば色々なことが理解できるようになりますし、お友達も増えて行動範囲も広がり ます。そのため、制限することが少し難しくなってきます。でも、一度甘い物を食べる習慣が付いてしまえば、もっと制限が難しくなります。

子供は知っていることを我慢するのはつらいことです。糖分のコントロールは努力しただけの 結果はあります。そのため、上手に糖分のコントロールをしてみてはいかがでしょうか。

例えば、家の中にはお菓子やジュースを置かないようにする。外出時は自動販売機やコンビニで買うのはお茶などの糖分が入ってないもの、もしくはお茶の水筒を持参する。ケーキ、チョコレート、飴などは誕生日や特別な日だけに限定するなど、少し工夫すれば色々なことが出来ると思います。

多くの方が挑戦して後悔された方はありません。がんばって続けてください。
長い人生の中で、ほんの数年だけ甘い物を制限することで不幸にはなりません。それよりも、時々食べるお菓子に、これほどまでおいしそうにうれしそうに食べる姿のほうが、よっぽど幸せな子供に育ったと感じられます。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.tobitadc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/674

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1