« 2017年10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2017年2月25日

歯科治療が苦手な方へ その8

治療後の痛みVol.2 の2
根治.jpg(家庭の歯学から引用)

根管(歯の中心部にある神経の管)治療をした後の痛み
根管の問題は細菌が原因で起こる場合がほとんどです。歯髄(歯の神経)の治療後に内部の細菌が繁殖して内圧が上がって痛みが出る場合や根の先に膿の袋ができる場合があります。このようなときの治療方法は根管内部を消毒薬と機械的に清掃して細菌を少なくしてきれいにします。

ただし、膿が溜まっている場合や根の先まで炎症が広がっている場合は、痛みや炎症が治まるまで時間がかかります。早い場合で1週間、長い場合だと1~2か月、中には半年以上かかる場合や治らない場合もあります。治療中の歯は内部が空洞になっているため、歯割れやすい状態ですので治療中はできるだけ咬まないように注意してください

治療方法は根管内部の細菌を減らすために薬剤や機械的な清掃を繰り返します。根管内部がきれいになることで、生態は自らの力で治します。例えば、怪我をしたときには傷口を清潔にすることと外部からの刺激を少なくすることで、自らを再生することで治します。歯も同様なのです。
根管治療で治りにくのは、長年に渡って慢性的に悪かった場合や、歯の根が割れている場合が考えられます。
やはり歯の神経はできるだけ保存したほうがよいのです。

Google +1
2017年2月24日

歯科治療が苦手な方へ その7

歯の内部.jpg(家庭の歯学から引用)
歯髄(歯の神経)に関しする基礎知識
歯の中心部には歯髄(歯の神経)と呼ばれる組織があります。歯髄は血管やリンパ管神経線維などからできており、歯の根の先から歯に栄養を送る大切な役目もしています。そのため可能な限り保存した方が良い組織です。なぜならば、歯髄を失った歯は強度と免疫力が低下するため、歯を長持ちさせるための条件が悪くなるからです。
木に例えると、生きている木はしなやかで強風に耐えるのですが、死んだ木はもろく小さな力でも折れてしまいます。歯も同様で歯髄を失った歯は割れやすいのです。

大きなムシ歯や強い痛みの場合には残念ながら歯の神経をとることがありますが、歯にとっては大きな損失です。ですから、ムシ歯はできるだけ早期に発見することが大切なのです。


Google +1
2017年2月21日

歯科医療安全研修会

01d416ff21138d064d71e15d5f1b5421ae38cba659.jpg
先週末の日曜日は歯科医師会開催の医療安全の研修会を受講しましたが、8日間で4回目の講習会でした。
さすがに疲れてきましたが仕方ないのです。
飛田歯科医院は本年1月より「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」の施設基準の申請が認められたので、このような講習会には積極的に参加する必要がありますが、連続するとさすがに、、、、
診療以外にも、経営、医療安全などなどやることがいっぱいなのですが、年齢と共にきつくなってきました。

Google +1
2017年2月20日

大阪デンタルリサーチグループ

2月例会
0124b5f22bf39653f14584fe2a1ae44f14a7473a76.jpg

毎月の恒例の例会で、梅田の阪急百貨店のすぐそばの阪急文化サロンの一室でいつも開催しています。利便性が良いのといのと安いので利用しています。
今回は私が受講した咬み合わせとインビザラインの講習会の報告も兼ねた内容の例会だったのですが、様々な視点からの意見が飛び交うので勉強になります。前回のインビザライン矯正の講習会でも書きましたが、いかに最新の臨床に応用できる最新の情報を収集できるかがポイントです。来月4月の例会はメンバーのインビザライン治療の症例報告です。

大阪デンタルリサーチグループがどのような会なのかに関しては改めて書かせていただきますが、1962年に創立された歯科臨床を学ぶグループとしては日本国内では2番目に古いといわれています。

Google +1

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1