« 2018年6月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
2017年4月19日

飛田歯科図書館 vol.22

医院の待合室に置かせていただいている本を紹介しております。
解説はあくまで私の偏見ですのでお許しください。

図鑑シリーズ  その3
超絶景 宇宙写真
宇宙.jpg
これはB5くらいの大きさなので気軽に見ることができる大きさです。(図鑑のように大きく重くないです)

1章のアメリカの宇宙開発の歴史、2章は太陽系の写真で、月と火星は地上(星上)の風景、その他の星の写真は絵のような幻想的な写真ばかりです。 3章はもっと遠くの星ですが、あまりの数の多さに1つずつの星の判別は不能で、星雲という言葉が最も適しています。様々な色彩に覆われた雲というより、絵画のような、水の中で化学反応を起こしたようにも見えます。4章は宇宙から見た地球の各地の風景です。山林や川はきれいだなと思うのですが、原始のような大地を見ると地球も惑星なのだと再認識させられます。

宇宙というテーマでまとめられた写真集です。しかも、NASAフォトベストセレクションと書かれているだけあって綺麗な写真ばかりです。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.tobitadc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/711

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1