« 2018年4月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2017年5月13日

歯科治療が苦手な方へ その11

e738cdf622acfa07cbdcfe71791c326d_m.jpg
歯医者さんが嫌いな場合の付き合い方とは
お口は取り替えることができません。また、歯をどんどん失って入れ歯になることで快適になることはありません。生涯付き合うのお口であれば良い関係を保つことが心地よく豊かな人生を送れるのではないでしょうか。

どうすれば良いのでしょう?
虫歯や歯周病などお口の病気を防ぐことが、歯科治療を減らします。治療が減れば当然、嫌な思いが少なくなります。このことは、生涯お口の健康を維持することになります。悪くなってから治療するのではなく、健康な状態を管理する方法を考えられることが歯科医院とうまくお付き合いする方法ではないでしょうか。

Google +1
2017年5月12日

インビザライン特別講座 その2

01421bb6218d93611fd711986806e5230e55536280.jpg  ppインビザ.jpg
Invisalign Select特別プログラムの歯科医院に指定されたおかげの大阪で開催された講習に参加してきました。講師の土岐先生は三重で開業されているインビザラインの指導医で、昭和歯科大学の槇教授と共にインビザライン矯正の初期の段階より研究されています。そのため、経験豊かなことに加えて苦労されたことも多いようで、失敗しやすい点や注意しなければいけないことを適切に教えていただけました。

また今回はより実践的に症例に対する質問の機会も与えられていたので、私も症例発表をさせていただき、問題点やポイントを教えていただきました。インビザライン矯正は進化が早いために常に新しい情報を得ることが重要です。また、個々の先生ならではの独自のノウハウを聞けるので勉強になります。

Google +1
2017年5月10日

咬み合わせで歯が悪くなる  その8

m002.jpg
はぎしり と 食いしばり
はぎしりや食いしばりは歯を長く使ためには大敵です。
なぜなら、上下の歯が強い力で咬み合った状態でギリギリと歯に無理な力が長時間、加わり続くからです。このことによって歯が磨り減るだけではなく、歯がしみる、冠や詰物が外れる、歯が欠ける、歯が折れる、歯周病が悪化することなどによって歯の寿命が短くなるからです。

特に歯周病は、歯槽骨(歯を支える骨)が少ない状態で無理な力が加わるため、歯周病の進行を速めてしまうことで歯を失います。

Google +1
2017年5月 8日

入れ歯でも咬める  その3

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_m.jpg
義歯の違和感
口の中は、髪の毛1本、小さな砂粒が入っても違和感がある繊細な組織です。ですから当然、入れ歯が口の中に入れば違和感がないわけがありません。しかし、人は意外と慣れるものなのです。
違和感を少しでも少なくするための、設計や材質を工夫することもできます。なぜなら、義歯は歴史が古いのであらゆる研究や工夫をされ続けてきているからです。

私が診させていただいた患者さんの中にも、長年に渡って義歯を入れたことがなかった方がおられます。義歯を初めて入れられたときには、「義歯を入れているだけで気持ち悪い」「全くしゃべれない」「水も飲みこめない」と言われていた方も、少しずつではありますが義歯が使えるようになります。

義歯の気になる部分の形や痛みがあるところの修正しながら、根気よく少しずつ義歯を入れる時間を増やす努力をしていただければ、何か月もかかりますが義歯は使えるようになるのです。
つまり、痛いところは無くしっかり咬める義歯を手に入れることができるのです。

Google +1

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1