« 2018年4月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2017年5月20日

インビザライン特別講座 その3

01e5e95a8b286154c96f272c932c8a68dcd96290b8.jpg 01a6de5735c389523becb0708fb6caa64196f5975b.jpg
ネット中継講座 その1
Invisalign Select特別プログラムの歯科医院に指定されたおかげの特別講義です。
昨晩は診療が終わった午後7時30分から60分間のインターネットのライブ講義で、講師は金沢で開業されているインビザライン指導医の先生です。
講義内容は「ClinCheck治療計画を最適に作成するためのヒント・工夫」でした。
インビザライン矯正においてClinCheck(クリンチェック)はコンピュータ上で行なわれる治療計画のシミュレーションです。患者さんの模型、基礎データと共に治療方針を伝えると、それに従った治療方法がClinCheckとして提示されます。

しかしながら、これはあくまで仮のプランのため、このままOKとなることはありません。その理由は仮のプランのような歯の動き方は可能か?治療期間の短縮はできないか?咬み合わせは良いか?理想的な歯並びになっているかなどを確認して修正します。また、歯の動きを良くするための追加のアタッチメント(歯に取り付ける突起)やアライナー(マウスピース)へ追加の形状や、補助器具を加えて提出します。
数日後に修正されたクリンチェックが届いたら、それを再確認して再び修正して提出します。

このような作業を繰り返して治療計画を作成します。
インビザライン矯正において、クリンチェックの見かたと修正方法が最も大切であり、矯正治療の仕上がりの8割以上がこの作業で決まります。そのため、診断方法と修正の「ヒントと工夫」が重要なのです。

インビザラインをリサーチしてから様々な指導医に教えていただきましたが、それぞれの先生には個性があり独自のノウハウがあるので、できるだけ多く情報収集することが大切なのです。

Google +1
2017年5月18日

学校検診

018bf0bf25ebb837725e6ec3dd6fe0f0950a46f5c9.jpg
5月は恒例の学校検診です。
ここ数年の私の担当は中学校の検診です。昔、京都に勤務していた時には幼稚園から高校まで様々な学校検診をしていましたが、私は中学校の検診が最も好きです。その理由は数本の乳歯がある場合もありますが、ほぼ永久歯なので判別しやすいのと、口の中が見やすい身長の高さだからです。その上、最近の子供はムシ歯がほとんど無いことも検診しやすい理由です。

ここ20年を振り返ると子供の歯は急激に良くなっています。この調子でもっと良くなればムシ歯の治療と共に学校歯科検診の必要性も無くなる時代が来るのかも?とも思ってしまいます。

ん!!歯科治療がほとんど無くなる時代になるかも。

Google +1
2017年5月17日

審美歯科とは?  その3

cd567be08bf21b436420da60675a562d_m.jpg
審美歯科の難しい点 ①
指標がある場合や歯科医学に従った理想の形にするのであれば、そんなに難しいことではありません。しかし、あなたが思い描いている理想どおりにする場合は難しくなります。なぜなら、あなたがイメージする形や色を言語にして私たちに伝えていただき、その言葉から歯科医師がイメージした形や色をイメージして作成します。このような作業は最初から一致させることは出来ません。そのため、治療を行う前はもちろんですが何度も何度も確認することが必要になります。

イメージに近づける方法は、あなたの歯や仮歯を基準にして伝えることも大切です。特に最終治療の前の仮歯の状態のときに、どこをどのようにしたいのかを具体的に伝えることが大切です。

Google +1

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1