« 2018年4月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2017年5月18日

学校検診

018bf0bf25ebb837725e6ec3dd6fe0f0950a46f5c9.jpg
5月は恒例の学校検診です。
ここ数年の私の担当は中学校の検診です。昔、京都に勤務していた時には幼稚園から高校まで様々な学校検診をしていましたが、私は中学校の検診が最も好きです。その理由は数本の乳歯がある場合もありますが、ほぼ永久歯なので判別しやすいのと、口の中が見やすい身長の高さだからです。その上、最近の子供はムシ歯がほとんど無いことも検診しやすい理由です。

ここ20年を振り返ると子供の歯は急激に良くなっています。この調子でもっと良くなればムシ歯の治療と共に学校歯科検診の必要性も無くなる時代が来るのかも?とも思ってしまいます。

ん!!歯科治療がほとんど無くなる時代になるかも。

Google +1

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1