« 2017年10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2017年6月16日

審美歯科とは?  その4

医師.jpg
審美歯科の難しい点 ②
一般的には治療内容と費用に制限があります。そのため、その範囲内でできる限りのご希望をかなえる必要があります。その時に考えなければならないことが優先順位です。
治療費用、治療期間、治療内容、仕上がり、長期安定性など、全ての検討する項目を比較しながら優先順位を考えながら検討することが大切です。

よくある例が理想的な治療を行いけど予算には制限があるという場合はよくあることです。そのような場合には、比較しながらどの部位を優先するかを歯科医師と話し合って細かい点まで決めることが大切です。治療前にその時間を惜しまないことと治療中でも気になる点や希望は何度でも確認することが大切です。

Google +1
2017年6月14日

インビザライン特別講座 その5

019dcd3c6ab09490f19572cce3990483f9a5628ee5.jpg
ネット中継講座 その3
Invisalign Select特別プログラムの歯科医院に指定されたおかげの特別講義です。
昨晩は5月に引き続き今回も診療が終わった午後8時から60分間のインターネットのライブ講義でした。前回と同じ東京銀座で開業されているインビザライン指導医の先生で「モニタリング/リカバリー/フィニッシング/ ~補助装置による工夫例」でした。ただし、前回とは違う内容かと思って受講したのですが同じ内容の講義でしたが、最後まで受講しました。

インビザライン矯正は最新のデジタル技術を駆使した治療法なのですが、その進化があまりに早いので細かい技術やノウハウは昔の職人のように見て聞いて覚えるしかないというアナログの世界です。書籍がほとんど無いので繰り返し見ることはできませんし、講義を一度聴いただけでは理解しきれない面が多くあります。やはり、2回目だからこそ気がついた点が多く出てきたのでいい勉強になりました。

様々な先生のインビザラインの講義を受講しているのですが、この先生の講義は、実に理解しやすく納得できる内容です。だから個人的なお付き合いもあり、わからないことや疑問点はすぐに聞ける体制を整えています。

Google +1
2017年6月12日

歯周病とは  その13

歯周病治療のすすめ方 vol.4
歯周外科 その2
9d463ff31eaf7c31fa846d32bd1c0729_m.jpg
歯周外科処置の術後
歯周外科処置は外科手術なので術後は痛みや腫れを伴う場合がありますが、一般的には2~7日の腫れを伴う程度で強い痛みは少ないようです。また、歯周外科処置によって歯の根が露出することや、歯の動揺が起こることがあるため、一時的に冷たい物や熱い物にしみることや、少し咬みづらくなる場合もあります。

術後は歯ぐきを保護する包帯の役目のためにパック(パテ状の物)を1週間程度付けます。また、傷口が落ち着くまでの1ヶ月位は歯磨きや歯間ブラシの使い方に工夫が必要ですので、担当の歯科衛生と相談しながら清掃道具の選択や方法を

歯周外科は大変なことが多いのですが、歯周ポケットが少なく健康な歯ぐきになることで歯周病の進行を抑制でき、歯を長く使えるようになるのです。

Google +1

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1