« 2017年10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2017年8月30日

歯周病とは  その14

歯周病治療のすすめ方 vol.4
歯周外科 その3
emdo2.jpg
骨再生
歯周病は歯槽骨(歯を支える骨)を失う病気です。そのため、失った骨を再生することが長年に渡って研究されてきました。確かに条件が整えば骨が再生することもあるのですが、高い確率で骨が再生できるまでには至ってないのが現実です。
現時点で歯周病の再生治療の確率が高いと考えられている条件は、
①骨の形態、歯の条件、術前の歯ぐきの状態などの条件が整っている場合
②術後の長期管理
③再生されなかったときには再度外科手術が必要
このようなことを踏まえて再生手術が行なわれることが大切ですので精密な検査の後にしっかりと相談されることが大切です。

Google +1
2017年8月28日

咬み合せの歴史  その1

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_m.jpg
咬み合せの理論は難解
咬み合わせに関する書籍は多く出版されていますが、その理論は多種多様です。そのため、私が歯科医として歩み始めた頃から最も難解な点が多い理論だと感じてきました。それは私だけではなく多くの歯科医が感じてきたようで、何年も臨床経験がある歯科医師でさえ難しいと感じていると言われる先生は多いようです。また、顎の一部で起こる顎関節症は顎の痛みや口が開きにくい、顎関節部の音だけでなく、肩こり、頭痛、姿勢や全身のゆがみ、不定愁訴まで関係するという考えもあります。その原因や治療方法には様々な考え方があるようで、中には咬み合せに関係ないという意見もあります。
このように咬み合せに関する理論は全ての歯科医師が納得できる統一の考えが少ないのが現状です。

そこで、咬み合わせの歴史を紐解くことで、その理論を私なりに分析しました。

Google +1
2017年8月25日

それでも智歯(親知らず)を残されますか  その①

左下_edited-1.jpg
智歯とは
智歯は前から8番目の奥歯で通常は18~27歳くらいまでに生えます。
他の歯のように真っ直ぐ生えて上下の歯がしっかりかみ合っている場合は問題ありません。
ところが、現代人は顎の大きさが小さくなって正常に生えてくることがまれです。
そのため、埋まったままの状態から、横向きの状態、半分だけしか出てこない状態が多いため、歯周病やムシ歯になりやすく、痛みや腫れの原因にもなります。また、手前の歯に悪影響を及ぼすことや、全体の咬み合せを乱すこともあります。

このような場合は問題が起こる前に抜くことをおススメしています。

Google +1
2017年8月22日

咬み合わせで歯が悪くなる  その10

132cccc033a22a9ee14cb09db90503a5_m.jpg
咬み合わせで歯を悪くしないためには
理想的な咬み合わせは、しっかり咬めても歯が欠けたり割れたりしない咬み合せの状態です。その結果、歯が長く使えることになるのです。

理想的なかみ合わせとは
・上下の歯が咬み合った時には、できるだけ多くの歯が均等に接触していること
・咬む力が歯の根の方向へ加わること
・顎を前方と左右へ動かしたときに奥歯は咬みあわなくスムーズに動く(一部の歯が引っ掛からない)
・顎の関節から異音や違和感が無い
このような状態を維持することで、歯が長く使えるのです。

ただし、毎日使う歯は徐々に擦り減るので、定期的なチェックと調整が必要です。

Google +1
2017年8月19日

顎関節症とは  その3

37692716e516d54054338ce1a5ba6ce1_s.jpg
顎関節症の治療方法
検査によって顎関節に、どの程度の問題があるのかを診断し状態に応じて処置を行います。
具体的な方法としては、顎関節の円盤、筋肉、靭帯に無理な力が加わらないために、就寝時はバイトプレート(マウスピースのようなもの)を装着することと、日中はできるだけ上下の歯が咬み合わないように意識してもらいます。このことによって、痛んだ顎関節の組織が徐々に治癒して正常な形態に回復します。

顎の関節が治癒するとともに咬み合わせが変化するのでバイトプレートを調整していきます。そして、症状が改善され、顎の組織が安定し、咬み合せが安定する位置を理想的な咬みあわせとします。

治療期間
治るまでの期間は顎関節の組織の問題の程度と個々の治癒能力によってかなり差がありますが、初期の症状が改善されるのに1~3ヶ月程度必要です。その後、組織が安定して症状が改善されるのには3~6ヶ月は必要です。しかし、状態によっては1年以上かかる場合もあります。

Google +1
2017年8月16日

治療後のアンケート

Google +1
2017年8月10日

飛田歯科図書館 vol.25

医院の待合室に置かせていただいている本を紹介しております。
解説はあくまで私の偏見ですのでお許しください。

ひたむきな日本人
41L7fSIXrML._SX298_BO1,204,203,200_.jpg
「ひたむきな」という言葉を聞くことは殆どなくなりました。
表紙の裏側には「貧しくも一生懸命だった日々」と書かれていますが、1900年初頭の明治から、大正、昭和の1960年頃まで、日本人が働く、学ぶ、遊ぶ、子供と家族の写真集です。当時の漁業、塩田、林業、製糸工場、大工、八百屋などでの働く様子は、どの写真を見ても「ひたむき」に頑張っている様子が伺えます。その他にはお祭り、潮干狩り、プールなどでの遊んでいる様子などの写真も多数掲載されています。衣服や生活が豊かとはいえないのですが、笑顔が多くほほえましい写真ばかりです。
私も「ひたむき」に頑張らないとなあ、と考えるようになった写真集でした。

Google +1
2017年8月 7日

知覚過敏  その1

知覚過敏.jpg
知覚過敏とは
虫歯はないのに、冷たいものを口にした時や歯磨きの時「しみる」「痛み」と感じることはありませんか?虫歯がないのにこのような症状があるのなら、知覚過敏の可能性があります。

歯の中心には神経(歯髄)がありのその周りを象牙質で覆われています。その外側の歯の表面は硬いエナメル質で覆われています。このエナメル質が欠けたり、歯ぐきが下がってエナメル質が無い歯の根の部分が露出すると、象牙細管(象牙質にある無数の穴のある管)を通じて外部からの刺激が神経に伝わり「しみる」「痛み」を感じることになります。

Google +1
2017年8月 4日

インビザラインとは?  その26

インビザライン独自の補助器具
main.jpg
チューイーズ
インビザライン矯正で最も大切なことが、歯にアライナー(マウスピース)がピッタリはまっていることです。その時の補助器具としてチューイーズ(白いロール状の物)を使用します。上下のアライナーを装着した後にチューイーズをお口の中に入れて、ガムを咬むように奥歯、前歯とお口全体でアライナーが歯にピッタリ入るようにチューイーズ咬みます。
また、歯の圧下(歯の根の方向へ移動させる)を促進されるためにも使用するときがあります。このようにインビザライン矯正ならではの補助器具があります。

ここ半年ほどの報告でインビザライン矯正の方が従来の矯正治療より歯を圧下させる能力が高いと言われています。インビザラインならではの特徴が徐々に明確になってきました。

Google +1
2017年8月 2日

治療後のアンケート

Google +1

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1