« 2017年10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2017年10月16日

飛田歯科図書館 vol.26

医院の待合室に置かせていただいている本を紹介しております。
解説はあくまで私の偏見ですのでお許しください。
51VXIae-g2L__SX354_BO1,204,203,200_.jpg
世界遺産 夜景編
世界遺産の写真集はたくさん出版されていますし、医院にも数冊あります。
「世界遺産 夜景編」というタイトルを見たときには「ネタ切れの写真集」だよね。と思いましたが、手にとって数ページ見たら「お!!新たな発見」「なかなかきれい」と見入ってしまい購入することになりました。
世界遺産の建物や風景の数々の写真集なのですが、夜景でしか見えない風景が広がっています。個人的に目を見張ったのはルン大聖堂の他の建物とは違う独特の照明、イランのモスクは真っ黒な背景にタイルの壁面、リオ・デ・ジャネイロの夜景は海と山と町のコントラスト、はケが映えます。
照明の色や当て方、夕日や星空などの背景の違いから独特の写真集として見ることができます。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.tobitadc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/787

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1