« 2018年1月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2017年12月 4日

インビザライン講習会

012ff2e0d014d10d1017ac60f14700a23bc099d8ab.jpg
11月末の日曜日は新大阪でインビザラインの講習会で、講師は東京新宿で開業されている五十嵐先生でした。
先生は矯正専門医ではなく私と同じ一般診療もされているので、理解しやすい点が多くありました。以前は従来のワイヤー矯正をされていたそうですが、現在はインビザラインしか矯正治療はされていないそうです。
また、矯正専門医ではないことから、より専門的な矯正が必要な場合は専門医へお願いすることも納得できます。

このところの変更点は、アライナーを1週間で交換することが主流になりつつあるようなので積極的に取り入れようと考えていますが、どのような症例に対して1週間が適応できるのかは模索が必要です。アライナーの交換が1週間になるとアライナーが50枚になっても1年での治療が可能となるので、治療がかなり早く終われるので、インビザラインが画期的な矯正治療になります

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.tobitadc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/802

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1