« 2018年9月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2018年2月16日

知覚過敏  その3

知覚過敏の原因②
k0110.jpg
歯周病
歯周病で歯槽骨(歯を支える骨)が失われると歯根(歯の根)が露出します。歯根は、柔らかいセメント質という層が象牙質の周りを薄く覆っており、このセメント質が削れると、しみやすくなります。また、歯根に歯垢(プラ-ク)が付着すると細菌が出す刺激物質でしみやすくなります。

歯石が長期間付着していた場合も歯石を除去することで歯の根が露出してシミが起こる場合があります。特に歯周外科を行った場合は悪い歯ぐきと歯の根に付着した歯石を徹底的に除去し歯の根の表面を磨きます。そのため、術後は歯の根が露出するためしみやすくなります。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.tobitadc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/818

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1