« 2018年6月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
2018年4月23日

ノーブラケット研究会

IMG_6583.JPG
先週末は恒例になっています東京銀座へインビザライン矯正の勉強会へ出かけました。
2ヶ月毎に銀座クリアデンタルの山崎先生が開催されているインビザラインの勉強会です。
いつもながら診療室の待合室で20名以上の先生が参加されて行なわれる症例検討会です。前回、お隣に座られていた都内で開業されている先生の発表ではディープバイト(前歯の咬み合わせが深い)でした。インビザラインでこのような症例は難しいとチョクチョク聞きますが、そのようなケースへの対処方法でした。山崎先生は非抜歯でここまでできました症例でした。その他にインビザラインとは関係なくイスラエル製の根管治療の画期的な器具を紹介していただきましたが、なかなか良さそうです。
次回はODRG(大阪デンタルリサーチグループ)の総会と日程が重なっているため出席できないので、次回の参加は8月になります。関東圏の先生とは接する機会が少ないのでいつもながら良い刺激になります。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.tobitadc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/835

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1