« 2018年9月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2018年8月31日

飛田歯科図書館 vol.32

医院の待合室に置かせていただいている本を紹介しております。
解説はあくまで私の偏見ですのでお許しください。
51XXNNrzVDL__SX341_BO1,204,203,200_.jpg
「はるまき日記」 偏愛的育児エッセイ 瀧波 ユカリ(たきなみ ゆかり)
作者は4コマ漫画で大賞を受賞し、独特の自虐や社会風刺で注目を集める漫画家だけのことはあって、自らの育児日誌なのに実におもしろい!! なんせおもしろい!!本です。日記なので、どのページから、どの項目から、どの日から読んでも1ページ以内で完結します。特に育児経験がある方にはおススメのようです。
何はともあれ一度読んでみてください。なお、読んでいるうちにニヤニヤしたり思わず声を出して笑ってしまうことがありますので、近くに人がいる場合は気をつけてください。変な人かと思われる可能性があります。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.tobitadc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/886

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1