« 2019年3月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2019年3月18日

大阪デンタルリサーチグループ

IMG_7961.JPG
3月例会
先週末は新大阪での今年最後の例会に参加してきました.
今回は6月の年一回の恒例の総会に向けての準備がメインです。昨年までは京都の先生の知り合いの料亭旅館で開催していたのですが、営業権を譲渡されたようでビックリするような価格になったため、今年の場所は有馬温泉に変更になりました。確かに京都は観光客がいっぱいで南禅寺の近くにある老舗のお店だったので今までの料金が格安すぎたと感じていました。京都らしい風情のあるいいお店だったので実に残念です。
臨床に関しての話題はインビザライン矯正と技工部門のデジタル化も含んだ雑談でしたが、そのような中から新たな発見があるので意外と貴重な時間なのです。
余談です。例会後に食事をするために新大阪の東口の東中島付近でお店を探しています。ここは他の出口よりも人が少ないのですが、予想以上にお店が多く順番に訪れているのですが、今回はやっと美味しいお店を見つけて、次回の例会後の食事の予約もしてしまいました。とうぶんはそのお店になりそうです。

Google +1

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1