« 2020年3月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2020年3月 4日

飛田歯科図書館 vol.49

医院の待合室に置かせていただいている本を紹介しております。
解説はあくまで私の偏見ですのでお許しください。
Casa_2017Asia_666.jpg
「アジアのリゾート日本の宿」
プロが撮影した写真が掲載されているので、最も美しい風景が掲載されていることはわかっているのですが、第1章のアジアのリゾートのLOCATIONのページをめくるごとに感嘆符が付いた言葉が出てしまいます。島、海辺、森の中、の美しい場所に溶け込むような美しい建造物の写真に思わず目が止まります。特に森の中の斜面に設置された鳥の巣のようなヴィラにはプライベートプールとデッキがあり、部屋からもプールからも森を見渡すことができるホテルは見入ってしまいました。第2章は日本の宿です。全国のおススメの美しい旅館が紹介されているのですが、リゾートホテルで有名なアマンの国内にある2つのホテルを紹介されています。東京は都会、伊勢に自然と共に美しいと感じてしまいました。その他には全国の様々なホテルや高級リゾート列車も紹介されています。
遠いところ高級なところが多いので体験するのではなく見ても十分楽しめますので、手にとってご覧ください。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.tobitadc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1020

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1