« 2020年3月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2020年3月23日

飛田歯科図書館 vol.50

医院の待合室に置かせていただいている本を紹介しております。
解説はあくまで私の偏見ですのでお許しください。
奇岩.png
「奇岩の世界」
「落ちない巨岩」「変わった岩」の写真が掲載されている写真集です。
本の中ほどに掲載されている脅威のバランスの岩は地震大国日本では考えられない不安定な状態に何となくドキドキしながら見入ってしまいます。次にどうしてこんな岩の形になったのだろうと疑問がわいてきます。最後にいつ落ちるのだろう?と考えてしまいます。アメリカ ユタ州の橋のような岩のアーチで長さ90Mもあるアーチは圧巻ですが、1977年から43のアーチは崩落したようです。その他の私が印象に残った変わった岩はアイスランドの「水を飲む竜の岩」、ワイオミング州「悪魔の塔」、ロシアの「7人の巨人」です。これらの岩に長い時の流れを感じてしまいました。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.tobitadc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1023

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1