« 2017年10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2016年6月25日

電動歯ブラシつながりで私が思い出した余談です

140601.jpg
電動歯ブラシでおススメしているオムロンという会社から思い出しました。私は1985年に大阪の歯科大学を卒業してからすぐに、東京都港区神屋町の桜田通りに面した歯科医院に勤務していました。近くには大手企業のビルが立ち並んでいたので、そこに勤めるサラリーマンやOLさんたちが来院されていました。社会人になりたての私が感じたことは、それぞれの会社によって人の雰囲気が違うことに驚かされ、いまだに鮮明に思い出されます。但し、あくまで私の個人的な見解ですのであしからず。

まず、オムロンは東京本社が虎ノ門でした。京都が本社のためか男性は関西弁で関西人そのものの方が多く、OLさんは関東出身だと思うのですが明るく元気な方が多かったように感じました。当時のイトーヨーカ堂は東京タワーのそばにあったのですがOLさんはおとなしく真面目な方が多かったように感じました。IBMも近所だったのですが論理的にはっきり希望を言われるように感じました。前歯を治療する時に発音のことを気にされていたことを覚えています。(おそらく英語の発音だと思います)当時は飯倉にあったランコムの方は華やかで綺麗でいい匂いがしたので、若かった私は近づくだけでドキドキしていました。男性の方もかっこよかったです。テレビ東京も近所だったのですが、ラフな服装でいかにもその世界の方のように見えました。(単なる私の先入観?)余談ですが、局内を見学させていただき感激したことを覚えてきます。

OLさんも男性も会社や職種の特徴なのか社長や人事の意向なのか、その違いに驚かされたことを思い出します。ということは、飛田歯科医院もスタッフの雰囲気を通じて感じられていることがあるということですよね。そのことを考えるとちょっとドキドキします。

Google +1
2016年6月11日

電動歯ブラシ その12

どの換えブラシが良いの?
歯ブラシ棚
換えブラシは 「 メディクリーン 」 「 ソニケア 」 共に数種類あります。

「 メディクリーン 」 は毛が柔らかく少し長くて毛先が細いタイプ(極細マイルドブラシ)と、毛がしっかりしたタイプ(トリプルクリアブラシ)の2種類があります。

どちらでもかまわないと思いますが、選択基準は歯に軽く当てて手をあまり動かさないタイプの磨き方をされる場合は柔らかいタイプの毛をおススメします。ある程度の力を入れてゴシゴシこすらないと気がすまない方にはしっかりしたタイプをおススメします。

「 ソニケア 」 の換えブラシの種類は多いのですが、基本的には通常の大きさでスタンダードタイプ(プロリザルツ)が良いと思います。見た目は少し長く感じるのですが先端部分が少し細くなっているのと幅が広くないので、ミニタイプでなくても奥歯の奥側まで届く方が多いようです。

お口がかなり小さい方にはミニタイプの方が良い場合もありますが、スタンダードな歯ブラシを使われている方であれば十分使えると思います。他にも色々なタイプがありますがあえておススメしません。

その理由は価格です。繰り返しになりますができるだけ安価で、気軽に買えブラシを交換できることが、最も歯垢を除去するのに効率が良いからです。

ちなみに、 「 ソニケア 」 の(ダイヤモンドクリーン)は中心部の毛の密度が多すぎるため歯と歯の間に毛先が入りにくいのでおススメできません。


医院サイトはこちらhttp://www.tobitadc.jp/

Google +1
2016年6月 8日

電動歯ブラシ その11

電動歯ブラシの換えブラシの交換時期について、
電動歯ブラシ

メーカーの説明では2~3ヶ月おきの交換と書かれていますが、私は1~1.5ヶ月毎に交換することをおススメしています。

(ちなみに私は1ヶ月で交換しています)歯ブラシの選び方でもお伝えしましたが、基本は少しでも毛先が開いてきたら早めに交換されることです。理由は毛先が開いて劣化した歯ブラシでは清掃効率がかなり低下するからです。

だからこそ、換えブラシは早めに気軽に交換できるように多めに購入していただくことをおススメします。 「 メディクリーン 」 は家電量販店でもネットでも価格差はあまり無いようですが、 「 ソニケア 」 はネットが安いです。特に4本入りはお得ですので時間があるときに探してみてください。

私の交換方法は無条件に交換できるように換えブラシにマジックで交換予定日を記入しています。その理由は 「 毛先が開いてから 」 にすると 「 もうちょと使えるかな~と 」 考えながらなかなか交換しないからです。

何も考えないで記入された日に交換するのであれば悩みが無くなり清掃効率が維持できるからです。

Google +1
2016年6月 7日

電動歯ブラシ その10

現時点で最もおススメする電動歯ブラシはソニケアですが確認が必要です。
ソニケア2.jpg

「 ソニケア 」 の価格が5,000円台と、また安くなりました。 「 ソニケア 」 の性能は以前から、最も優れているとお伝えしてきました。価格とランニングコストが他の機種より高価なため、おススメしきれない状況でした。

ところが、安い機種でもその基本性能に変わりがないのと 「 メディクリーン 」 と同等の価格になってきたからです。まだ、換えブラシは¥600~¥900ですので 「 メディクリーン 」 と比較すると少しは高価なのですが、性能から考えれば許容範囲だと私は感じています。

但し、1点だけ気をつける必要があります。初めて電動歯ブラシを使われる方の中で、数パーセントだけ振動に慣れないもしくは強い振動だと気持ち悪いと感じられる方がおられます。

この点は実際に使って頂かないと解らないのですが、飛田歯科医院では、デモ用(実際には使えませんが)の電動歯ブラシがありますので、その振動を触って確認されてから購入を考えられることをおススメします。

もしくは家電量販店でも、振動が体験できるデモ機を置いてあるところもありますので、触って確認されるのも良いかと思います。もし、不安に思われる方は少し上の機種で価格が上がりますが振動の調整機能(強、弱など)が付いている機種がおススメです。

迷われている方はぜひ一度ご相談ください。


医院サイトはこちらhttp://www.tobitadc.jp/

Google +1
2016年5月23日

電動歯ブラシ その9

電動歯ブラシ修理
オムロン2.jpgソニケア2.jpg

たまたま2015年に 「 ソニッケア 」 と、 「 メディクリーン 」 の2台の電動歯ブラシが壊れてしまったので、メーカーに修理依頼したところ2台共に生産終了のため、同等の商品と交換することであれば可能という返答にお願いすることにしました。

<オムロン>
修理センター(0120-30-6606)に連絡すると、宅配業者が取りに着てくれる方法が選択できるので商品を梱包して宅配業者へ渡します。

数日後に費用とその内容の確認の連絡があり、それを了承すると商品が送られてきます。修理費用?は¥1620でした。以前使っていた物より性能が低い商品にはなりましたが、この値段で新品になるのならば大満足です。

<ソニケア>
お客様センター(06-6261-8230)に連絡すると、故障品を送ると¥9504で新製品を購入可能ということで了承しました。送られてき商品をネットで調べると¥13000~14000ですので下取りで購入したと思えば少しお得な買い物です。


結論
オムロンは機種さえ気にしなければ修理費用だけで、永遠に使い続けることができる可能性があります。ソニケアも販売価格を考えればお得なのですが、2社を比較するとオムロンの電動歯ブラシに軍配が上がります。

でも、なぜ私がソニケアにこだわり続けているのかというと、パワーが強く歯ブラシの形状が良いのでオムロンより短時間に汚れを落とせると感じているからです。

本体、ランニングコストを含めたこの価格差をどう判断するかは個人の価値観ですが、強い振動が気にならなくてマニアックな方にはソニケアがおススメです。あくまで、個人的な見解ですのでその点はあしからず。


医院サイトはこちらhttp://www.tobitadc.jp/

Google +1
2016年5月21日

電動歯ブラシ その8

長年に渡って使い続けてきた電動歯ブラシ
ソニケア.jpgメディケア.jpg

数年前に 「 ソニッケア 」 は新しいタイプ(換えブラシが安価)になったのをきっかけに、テストの意味も含めて2代目にしました。

「 ソニッケア 」 は新しいタイプになっても、そのパワーは変わらず歯垢除去能力は最も優れていることに変わりがありませんでした。少し安価な換えブラシになっても¥600~1,200なので他社と比較すればまだまだ高価な換えブラシですがいい電動歯ブラシなので使い続けていました。

「 メディクリーン 」 は発売されてすぐに購入しまして半年ほどで動かなくなりましたが、その後は快適に使えています。後に 「 メディクリーン 」 を購入された数名の患者さんからも、購入してすぐに無償修理を受けたと聞きましたので、初期の商品の問題だったのだと思われます。

換えブラシも少し柔らかいタイプと硬めの2種類があり安価(¥200~300)ですし、本体もネットでは¥6,000以下で購入できるので、最もおススメしやすい電動歯ブラシであることには変わりありません。

ところが、2015年は「ソニッケア」と、「メディクリーン」2台共に壊れてしまいました。
ということで、次回は各メーカーの修理対応を比較しました。


医院サイトはこちらhttp://www.tobitadc.jp/

Google +1
2016年5月20日

電動歯ブラシ その7

パナソニック 「 ドルツ 」 はどうなの?
01a97ffe504a01d4f79c673d2f45f104e37479c063.jpg

世界に誇れる日本のメーカーである、パナソニックが長年に渡って発売されている電動歯ブラシなので、日本人の一人として良い評価をしたいという思いは昔からあります。

「 ドルツ 」 は 「 ソニケア 」 が販売されてから数年後に、同じ超音波の電動歯ブラシとして販売されました。当時は 「 ソニケア 」 と比較してパワー不足は否めなかったのですが安価だったので2列ブラシを使うことでおススメしていました。

その後、オムロン 「 メディクリーン 」 が登場してからは、あまりおススメすることはできなくなりました。そして、ポケットドルツが登場してからはおススメできない電動歯ブラシになってしまいました。

現時点の評価として、高級機種はそこそこパワーが出るようになりましたが、通常モデルはパワーがありません。しかもブラシの形状は幅広のため、歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間に毛先が入り込みにくいため、清掃効率は良いとはいえません。

また、 「 ドルツ 」 高級機種の価格帯を考えると、その半額以下でより清掃能力が高い 「 ソニケア 」 や 「 メディクリーン 」 が購入できるのであえて 「 ドルツ 」 をおススメする理由が見つからないのが現状です。

かなり辛口にはなりましたが、あくまで私の見解である点はご了承ください。私の電動歯ブラシの選択基準は、可能な限り楽で、簡単で、短時間に効果が得られ、歯磨きの方法であることが大切であり、そのことが長期にわたって良い結果を得られると考えています。

その条件にこの電動歯ブラシは有効ではないと私は考えています。

医院サイトはこちらhttp://www.tobitadc.jp/

Google +1
2016年5月13日

電動歯ブラシ その6

ブラウンの丸型回転式の評価
電動歯ブラシ

2003年頃は安価で電池式で気軽に使えるという点でおススメしていましたが、現在ではおススメできない電動歯ブラシの一つです。繰り返しになりますがあくまで私の見解ですので選択される時にちょっとだけ参考にしてほしいと思っています。

その理由は
●独特な歯ブラシの形態と動きのため、従来の歯ブラシの当て方や動かし方ではなく、独自の技術を習得する必要がある。
●歯周ポケットや歯間部に毛先が入りにくいので、歯周病や歯ぐきが退縮した(歯ぐきが下がっている)場合の歯垢(ムシ歯と歯周病菌の塊)を除去する能力が低い
●性能のわりに本体、換えブラシが高価
●充電切れの時に、手用歯ブラシのような使い方が全くできない

このようなことから、あえてこれを選択することはおススメできません。

ムシ歯と歯周病を予防するための歯垢(ムシ歯と歯周病菌の塊)を除去する技術の習得が容易で、習慣にしやすいことが大切です。可能な限り楽で簡単で短時間に効果が得られ歯磨きの方法であることが大切であり、そのことが長期にわたって良い結果を得られると考えています。


医院サイトはこちらhttp://www.tobitadc.jp/

Google +1
2016年5月 6日

電動歯ブラシではないけど、、、、

エアフロス
エアフロス
発売されて直ぐ購入しました。

理由はフロスや歯間ブラシはめんどくさいと感じられる方がおられるため習慣にしづらい道具だからです。エアフロスはその点を解消してくれる可能性があるかと思い、しかもそんなに高価ではなくて登場したからです。

しかし、 「 残念ながら 」 でした。

その理由は、
歯と歯の間にある一定の隙間がある場合には少しだけ有効ですが、隙間が大きい場合(歯周病や歯ぐきが下がった状態)も小さすぎる場合(若くて健康で歯と歯ぐきの隙間が無い場合)も目的を達成できないからです。

繰り返しになりますが、目的はムシ歯と歯周病を予防するための歯垢(ムシ歯と歯周病菌の塊)を除去するのに有効かどうかです。残念ながらこの機器ではその目的を達成するための水量と水圧が足らないようです。

水圧で歯垢を除去するにはウォータージェットのような力と大量の水が必要なようです。ちなみに、ウォータージェットに対する評価は改めて。


医院サイトはこちらhttp://www.tobitadc.jp/

Google +1
2016年5月 2日

電動歯ブラシ その5

2011年おススメできない電動歯ブラシポケットドルツ(Panasonic)登場!!
ポケットドルツ

あくまで個人的な意見ということが前提ですのでご了承ください。

電動歯ブラシ研究家の私として、絶対におススメできない電動歯ブラシが大人気となってしまったので、あえて報告しました。繰り返しになりますがあくまで私の見解ですので選択される時にちょっとだけ参考にしてほしいと思っています。

前提として、飛田歯科医院は徹底した予防管理が基本ですので、ムシ歯と歯周病を予防するための歯垢(ムシ歯と歯周病菌の塊)を除去する技術の習得が容易で、習慣にしやすいことが大切です。

つまり、歯を可能な限り歯を長く使っていただくためには、可能な限り楽で簡単で短時間に効果が得られ歯磨きの方法であることが大切であり、そのことで長期にわたって良い結果を得られると考えています。

その条件にポケットドルツの電動歯ブラシは有効ではないということです。
その理由は、

 ●持つところが短いので持ちにくい
 ●音波振動なのにブラシの部分の振動が弱い(毛先を歯に当てるだけでは汚れを落せない)
 ●ブラシの毛幅が広いので歯と歯のすき間に毛先が入らない(歯と歯の間、歯が凸凹して
  いるところ、ポケットが深い所は磨けない)
 ●性能が低いのに高価
 ●電動歯ブラシの特徴は、手を動かさなくてブラシを歯面に当てておくだけで汚れを落とせる
   はずなのにこの商品はできない。

その専門職である飛田歯科医院の歯科衛生士の全員も、おススメできない電動歯ブラシだということで一致しました。一言でいえば、手で磨いたほうがポケットドルツよりも早く確実に綺麗に磨けます。


医院サイトはこちらhttp://www.tobitadc.jp/

Google +1
2016年4月27日

電動歯ブラシ その4

2009年オムロン「メディクリーン」登場
DSC01776.JPGh1127_a.jpg

この頃になると電動歯ブラシ専用の売り場ができるほど浸透してきました。おススメの電動はブラシの王座の 「 ソニケア 」 は変わらなかったのですが、その牙城を崩したのがオムロンの「メディクリーン」の登場です。

「 メディクリーン 」 は62gとビックリするほど軽くて細くなったのにハイパワーです。しかも、歯ブラシの形状が良いので、歯と歯や歯の間や歯ぐきの境目、深い凹凸の部分に毛先が入りやすいので歯垢を除去する能力も高いのです。

軽くて小さいことは充電が切れの時に普通の歯ブラシとしても使えるので便利です。ブラウンやドルツはこの点が不利でした。しかも、本体は5千~8千円程度、替えブラシも1本で300円位と高品質のわりには安価です。

この頃になると 「 ソニッケア 」 も改良されてランニングコスト(換えブラシ)と本体が少し安価になりましが価格差はまだまだありました。でも、太くて重く換えブラシが高価なのに、私がおススメする理由は販売されている商品の中で最も歯垢除去能力が高いと感じていたからです。


医院サイトはこちらhttp://www.tobitadc.jp/

Google +1
2016年4月26日

電動歯ブラシ その3

どのメーカーが良いの?(ドルツとブラウンとソニッケア)
08_02.jpg

2001年から使い始めた頃から 「 ソニッケア 」 以外に、おススメできる電動歯ブラシはないかと家電量販店や薬局などで良さそうな商品を購入して試してみていました。そして2003年頃に発売されたのが、パナソニックの「ドルツ」でした。

「 ソニッケア 」 に比べてパワーに関しては全く太刀打ちできませんでしたが、メーカーの信頼性、使い易さ、価格、ランニングコスト、(換えブラシが1本¥200)に優れていました。磨く力の不足は2列の換えブラシを使うことである程度は解消できるので、電動歯ブラシを少しは気軽におススメできる商品になりました。

当時、おススメしていたもう一つの電動歯ブラシが、 「 ブラウンD4010 」 です。丸型のヘッドが回転する現在と同じタイプで、価格が2000円位で小さくて軽く電池式なので気軽に買えるおためしのの電動歯ブラシとしておススメしていました。

但し、特殊な形態なので独自の磨き方をマスターする必要があるのと、毛先が歯と歯ぐきの境目に届きにくいので歯周病の方には不向きでした。やはり、 「 ソニケア 」 同等の能力を有する電動歯ブラシはなかなか登場しなかったのが現実でした。


医院サイトはこちらhttp://www.tobitadc.jp/

Google +1
2016年4月25日

電動歯ブラシ その2

「電動歯ブラシ」を使い続けて15年
K0000060641.jpg

私が電動はブラシに興味を持ち始めたのは、2000年頃に患者さんから「電動歯ブラシはいいのですか?」と聞かれたことがきっかけです。当時は音波歯ブラシという新方式の「ソニッケア」が発売されて注目を集め始めていた時でした。

それまでの電動歯ブラシは、安価で毛先がカタカタ動くタイプと、開発された、個々の毛がクルクル回ることで矯正治療中の歯に付けたブラケットや針金が装着されていても磨きやすい電動歯ブラシしか無く、特殊な道具という認識しかありませんでした。

しかし、私はこの質問をきっかけに、本当はどうだろうか?という疑問を持ちはじめて思い切って購入してみました。思い切る理由は、本体2万5千円、替えブラシ3千円の「ソニッケア」が、数百円の歯ブラシの何十倍の価格差に見合う価値があるとは到底思えなかったからです。

ところが、実際に使ってみると持った感じは太くて重く持ちにくいのですが、予想外に短時間で歯がツルツルになり、歯磨き後に使ったフロスに付く汚れがあまりに少なかったことにびっくりして、短時間で確実に歯垢(ムシ歯や歯周病の原因菌)が取り除けると確信が得られたのです。

高価ではありますが、ムシ歯や歯周病を予防する便利な道具として電動歯ブラシの可能性を実感することで、電動歯ブラシオタクになってしまいました。


医院サイトはこちらhttp://www.tobitadc.jp/

Google +1
2016年4月23日

電動歯ブラシ その1

電動歯ブラシはいいのですか?
015cceded8c5110438dead791e4180a2af9af9714c.jpg

よく聞かれる質問です。

2000年以来、その答えは 「 良いです 」。でも、 「 良い電動はブラシと悪い電動歯ブラシがあるので、もし購入される予定があるなら必ず聞いてくださいね 」 とお答えしています。

電動歯ブラシをおススメする理由は短時間で、より多くの歯垢(ムシ歯や歯周病の原因菌)が取り除けるからです。例えで説明すると、歯磨きはお部屋の掃除と同じで、ホウキで掃除するのと掃除機で清掃するのであれば、短時間で効率よく掃除できるのが掃除機です。

お口の中に付着した汚れを清掃する道具として手より機械の方が効率は良いのです。但し、上手に使わないとホウキで丁寧に掃除した時よりきれいにならないのと同じで、電動歯ブラシも道具の特性を理解した上で上手に使いこなすことが大切なのです。


医院サイトはこちらhttp://www.tobitadc.jp/

Google +1

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1