« 2020年8月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2020年7月17日

飛田歯科図書館 vol.58

医院の待合室に置かせていただいている本を紹介しております。
解説はあくまで私の偏見ですのでお許しください。
4569810004.jpg
死ぬまでに絶対行きたい「世界の楽園リゾート」  三好和義
「死ぬまで絶対いきたい」「感動と癒しの旅がここにある」このように書かれるとまずは見たいと思い購入した書籍です。世界中のリゾート地を中心に掲載されたもので、ベストシーズン、旅のヒントなど一度は宿泊してみたいと思える美しい風景に溶け込んだリゾートホテル掲載が多い点が特徴です。
写真家の三好和義が撮影されているだけあって、海や山の風景に加えて建物や施設の美しい写真集に加えて、具体的な行き方と所要時間、特徴などの情報も短い文章で記載されているので旅行に行くイメージがわきやすくなります。そのため、私も行きたくなってしまいました。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.tobitadc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1045

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1