« 2020年8月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2020年8月 1日

飛田歯科図書館 vol.59

医院の待合室に置かせていただいている本を紹介しております。
解説はあくまで私の偏見ですのでお許しください。
91QyhStMoAL.jpg
世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ
2012年にリオで開催された国連持続可能な開発会議において南米のウルグアイのムカヒ大統領が演説した内容が絵本として出版されたものです。
ウルグアイは南米ブラジルの南側にある人口300万人の国です。自然の資源にめぐまれ国土の90%が平原なので農産物を輸出している国です。その大統領は給料の大半を貧しい人に寄付し大統領の公邸には住まず、農場で奥さんと花や野菜を作り、自ら古い車を運転して大統領の仕事に向かうそうです。
その大統領が現在の資本主義経済と人の幸せについての意見を述べられています。様々な意見はあるとは思いますが、まずは読んでみてください。長い文章ではないので気軽に読めます。

Google +1

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1