« 2021年5月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2021年4月26日

飛田歯科図書館 vol.76

医院の待合室に置かせていただいている本を紹介しております。
解説はあくまで私の偏見ですのでお許しください。
51Mc3eWQD0L._SX352_BO1,204,203,200_.jpg
ずかん ウイルス Virus
見ながら学習調べて納得
監修 武村政治(東京理科大学)   宮沢孝幸(京都大学)
まずはウイルス基礎知識を得ることが大切かと思いこの本を購入してみました。表題に「ずかん」と書かれているだけあって図が多くわかりやすい短文の解説の本ですが、情報量が多いので気になる項目だけを見られることがおススメです。医院に置いていますので興味がある方はぜひ。
余談ですが、著者の宮沢先生は京都大学ウイルス・再生医科学研究所付属感染症モデル研究センター准教授ですので、最前線の研究者の情報だと思います。ただ、専門家としてテレビに出演された時に真実?過激?な発言で話題にもなりましたが、、、              

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.tobitadc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1095

飛田歯科医院
院長 飛田晴康

飛田歯科医院 院長 飛田晴康

医院サイト:
http://www.tobitadc.jp/

こんにちは。飛田歯科医院の三代目院長・飛田晴康です。
当院は、大正13年、祖父が開院して以来80年以上にわたり、地域の皆さんの歯の健康を守り続けてきました。平成17年、二代目の父の後を受け、三代目院長として私がその後を引き継ぎました。
ご年配の患者さんの中には、父の時代から通ってきてくださる方もあり、折に触れて父と思い出を話してくださいます。
そんな話を聞いていると、父、そして祖父は患者さんにとって重要な存在であり、信頼されていたのだということがひしひしと伝わってきて、改めて「歯のホームドクター」としての責任を強く感じています。

Google +1